コセキ株式会社

製品紹介

k-MWM

コセキの放射線治療情報システム「K-MWM」(K-MWM KOSEKI-Server)は、病院情報システム( HIS )、医療検査オーダリングシステムや医事会計システムと、検査装置(モダリティ)間を DICOM 接続するためのワークリストサーバです。
各種モダリティから情報の問合せが有った場合、医事会計システムや健診システム等のHIS (Hospital Information System, 病院情報システム)からワークリスト情報を取得しデータ連携を行います。

特徴

  • HIS/RIS のオーダー情報(患者情報)を取り入れ、 DICOM MWM ( Modality Worklist Management Service Class )として検査装置(モダリティ)に提供したり、データベースと連動して一連の検査情報をトータルに管理することができます。
  • K-MWM を導入する事により、検査装置(モダリティ)使用時の「手作業による入力」をなくし、迅速で間違いのないシステム化が実現できます。
  • マルチモダリティ対応、柔軟な外部インターフェイス。
  • 受診項目、返信項目は HIS 、電子カルテ側の仕様に依存します。検索キーの項目、組み合わせ、追加などはカスタマイズができます。

検査撮影に関する患者情報連携の流れ

  1. HISにて患者登録時、またはオーダー発行時にMWMサーバーに属性情報が送られてくる
  2. 実際の撮影時にモダリティ側で「検査リスト更新」 ボタンを押すとMWMサーバーから患者データがモダリティに配信される
  3. モダリティーで検査撮影を実施する
検査撮影に関する患者情報連携の流れ

導入のメリット

  • 検査装置へのオーダ情報の受け渡しが可能となります。
  • 患者様情報の入力ミスを防止することが可能となります。
  • 入力時間の短縮を図ることが可能となります。
  • 電子カルテシステムと連携することで、受付された患者様の情報連携が可能となります。また、検査情報のマスタを各種装置側と統一することで、患者様の基本情報だけでなく検査情報の連携も可能となります。
  • DICOM手順での情報連携を行うことで、将来のモダリティ追加にも対応が可能となります。
    (検査装置が、DICOM MWMに対応していることが条件となります。)

閉じる

ページの先頭へ

コセキ株式会社
TEL 022(272)2211 / FAX 022(272)2222
〒981-0914 宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町2番26号

Copyright © 2009 KOSEKI, Inc. All rights reserved.